Group Exhibiton

"Count the Waves 見えないものをつなぐ" Visualizing Invisibility

日程 |2019年3月21日(木.祝)〜4月7日(日) ※月曜休館 時間 |10時00分〜18時(入館は17時半まで) 会場 |東京藝術大学 大学美術館 陳列館

主催 |東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻

共催 |一般財団法人 カルチャー・ヴィジョン・ジャパン

特別協賛 |The Chain Museum, startbahn

助成 |藝大フレンズ

協力 |CLEAR GALLERY TOKYO、飛騨産業株式会社

instagram : @gaexhibition #CountTheWaves2019

監修: 長谷川祐子 (東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授)

共同キュレーター:ソフィー・アルニ、渋谷かるな、隅本晋太朗、張洋宇、山縣青矢

出展作家

稲垣美侑 (Miyuki Inagaki) / 貝山伊文紀 (Ibuki Kaiyama) / ディナ・カディア (Dina Gadia) / 北林加奈子 (Kanako Kitabayashi) / リー・キット (Lee Kit) / ナイル・ケティング (Nile Koetting) / 志賀理江子 (Lieko Shiga) / リム・ソクチャンリナ (Lim Sokchanlina) / 多和田有希 (Yuki Tawada) / ⻄村健太 (Kenta Nishimura) / 平川祐樹 (Youki Hirakawa) / 布施琳太郎 (Rintaro Fuse) / BIEN / LY

<展覧会コンセプト>

本展タイトル「Count the Waves」とは、絶え間なく幾重にも重なり合いながら打ち寄せる波を数えるように、「見えないもの」を捉えるようとする行為のメタファーです。21世紀に入り、 デジタルコミュニケーションの基盤となったインターネットは、超可視性 (hypervisibility) と匿名性を同時に生み出し、 そこで閲覧できるものだけが存在する事象であるという錯覚を与えています。また、私たちの生活の中には、 時間 (過去や未来)、人の感情や意思、人類が到達しえない未知などの「見えないもの」が常に存在しています。 本展では、「見えないもの」を現前化させる作品を取り上げ、不可視なものの痕跡を私たちがどのように認識しているのか (あるいは認識していると思い込んでいるのか) を問いかけます。そして、その問いに展覧会を通して向き合うことで、 現代社会とそこに生きる私たちとの間に潜む不可視性と新たな「つながり」のかたちを探求していきます。

http://ga.geidai.ac.jp/2019/02/18/ctw/




    Copyright ©Miyuki INAGAKI  All Rights Reserved.