top of page

Group Exhibiton

"視座"

Constellations of Veiwpoints



ARTIST

石川直也 Naoya ISHIKAWA

稲垣美侑 Miyuki INAGAKI

岩崎広大 Hiromasa IWASAKI

岡本羽衣 Hagoromo OKAMOTO

CaNNNA

山本恵海 Megumi YAMAMOTO



日程 |2023年10月28日(土) − 2023年11月6日(月)

時間 |午前13時 − 午後19時00分(最終日のみ16時迄) 場所 | 銀河101

〒164-0003 東京都中野区東中野1-46-20 植野荘1階 JR総武線東中野駅 徒歩約 2分

地下鉄大江戸線 東中野駅 徒歩約 5分



関連イベント

「アーティストトーク」

日時: 10月28日(土) 18:00~19:00

参加費:無料

出展作家6名によるアーティストトークを行います。

※混雑緩和の為、入場人数の制限を行う可能性があります。




<Statement>


「視座」とは、広義的に「ものを認識する立場」を意味する言葉であり、そこでは前提として「みるもの」とその「位置」が想定される。古くより、航海士たちはその頭上に広がる数多の天体を観測することで、大海原における自らの位置を知り、陸から遠く離れて航海を続ける上での道標にしたという。また一方、秋になって船上を旋回する渡り鳥に気づくとき、彼らが見ている世界にはきっと、私たち人間とは異なる法則によって生みだされた景色が広がっているに違いない。


小さな眼、

寄り添うかたち、

横ぎる羽音、

かけあう言葉、

ひとびとの集い、

横たわる石、

過ぎ去る時間、

忘れゆくもの、

芽吹くものたち、

ここに立つこと

想像をしてみる。


私たちの周囲に広がる大小さまざまな世界の、

まだ知らない気づきや驚異をもたらしてくれる幾つもの眼差しとその可能性について。


本展「視座 Constellations of Viewpoints」は、それぞれ表現手法やテーマの異なる6名のアーティストによって構成されている。仮に、銀河101の展示室をある一つの天体と想定したとき、個々の作品たちはどのような位置を測り、この空間に在ることができるだろう。交錯しあう視座によって、ひとつの銀河を生みだすことは可能だろうか。


稲垣美侑






Comments


bottom of page